見る・遊ぶ

アメリカ村「ビッグステップ」のハロウィン装飾 「怖すぎる」と話題に

3階トイレ入り口は、血のイメージで赤色の照明に変更した

3階トイレ入り口は、血のイメージで赤色の照明に変更した

  •  

 アメリカ村の商業施設「心斎橋BIGSTEP(ビッグステップ)」(大阪市中央区西心斎橋1)のハロウィン装飾が「怖すぎる」と話題になっている。

エレベーターもハロウィン装飾に

 同施設では毎年ハロウィンシーズンに、巨大なジャックオーランタンを施設前に飾ったり、メークアップイベントを行ったりするなど、ハロウィン関連イベントを展開している。今年はイベントを行わない一方で、装飾にこだわった。「ハロウィン装飾は、イベントと違って一過性ではなく、長期で楽しんでもらえる」と広報担当のクリオカイチロウさん。

[広告]

 今年は「少し怖い装飾にしようと企画したが、思ったよりも怖いとの反響を多くいただいている」とクリオカさん。3機あるエレベーターのうちの1機と、3階トイレ入り口の装飾には特にこだわった。エレベーターは扉を古屋敷風に装飾したほか、中もホラーな装飾と仕掛けをした。3階トイレ入り口は、白色照明を赤色照明に変え、血のイメージを出した。SNSでも「怖すぎる」といった反響があったという。

 ハロウィン装飾は10月31日まで。