見る・遊ぶ

なんばを彩るイルミネーション「なんば光旅」始まる 65万球以上のLED使用

なんばパークスのグレイシアコートに設置された「光の滝」

なんばパークスのグレイシアコートに設置された「光の滝」

  •  

 なんばエリアを65万球以上のイルミネーションで彩る「なんば光旅」が11月9日、始まった。

熱唱する吉田山田の2人

 南海電鉄とスイスホテル南海大阪が共同で実施するイルミネーション企画で、今年で7回目を迎える。なんばパークスでは、屋上緑地パークスガーデンをはじめ、2階キャニオンストリートなどにイルミネーションが登場。中でもキャニオンストリート奥のグレイシアコートに設置した「光の滝」と、8階円形劇場に今年初登場した「煌(きら)めく草原」が見どころ。

[広告]

 なんばパークスとなんばCITYの間のなんばカーニバルモールには、特急ラピートのイルミネーションを設置、10月に開業したばかりのなんばスカイオの1階北エントランスもシャンパンゴールドのイルミネーションで彩る。そのほか、パークス通り、なんばCITY、スイスホテル南海大阪も、イルミネーションやクリスマス装飾で彩る。

 初日の11月9日には、なんばパークスのグレイシアコートで点灯式が行われた。2人組アーティストの吉田山田が登場し、観客らとカウントダウンをした後、光の滝の前で「冬の星座」などを熱唱した。

 イルミネーションの点灯時間は17時~24時。来年2月17日まで(スイスホテル南海大阪のみ常時点灯、1月6日まで)。