見る・遊ぶ

よしもと漫才劇場に霜降り明星が凱旋 涙で「M-1優勝ネタ」披露

声を詰まらせる霜降り明星

声を詰まらせる霜降り明星

  •  

 大阪・なんばのよしもと漫才劇場(大阪市中央区難波千日前)に12月4日、漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2018」の優勝コンビ霜降り明星が凱旋した。

霜降り明星を見てもらい泣きをする見取り図・盛山さん

 若手芸人らが漫才やコントなどのネタを披露する「Kakeru翔LIVE」に定期出演している同コンビ。今回が優勝後初の舞台となった。観客から拍手で出迎えられると、声を詰まらせ両手で顔を覆い、泣きながら優勝時のネタを披露した。舞台袖でもらい泣きをする見取り図・盛山さんや、号泣するファンの姿なども見られ、劇場は祝福ムードに包まれた。

[広告]

 終演後、せいやさんは「優勝した時は泣かなかったけれど、この劇場に着いてうるっときた。母校に帰ってきた感じ。粗品に泣いたことを報告しようと思ったら、もっと泣いていて漫才にならなかった」と苦笑し、粗品さんは「この劇場でスタッフの皆さんに支えられながら、芸人仲間と一緒に頑張ってきた。久しぶりに舞台に立って涙が込み上げてきた」と話した。

 今後の展望について、せいやさんは「東京大阪関係なくたくさん仕事をしたい。歌謡曲が好きなので、歌謡曲の番組も出てみたい」と話し、粗品さんは「どれだけテレビタレントとして売れても、2人で漫才は続けたい」と意気込んだ。