食べる

なんばグルメが屋台で集結 日本酒100種類用意も

前回開催の様子

前回開催の様子

  •  
  •  

 なんばかいわいの飲食店が日替わりで屋台出店する「星空スタンド」が11月8日、なんばカーニバルモール(大阪市中央区難波2)で始まる。

 2015(平成27)年1月に初開催し今年で9回目となる同イベント。なんばパークス、なんばCITY、なんばスカイオ、なんばこめじるし、なんばEKIKANやウラなんば周辺の飲食店約60店が日替わりで出店する。1日最大13店が出店し、夕方から屋台で各店が自慢のメニューを販売する。

[広告]

 前回は、期間中3万人が来場した。ウラなんば周辺エリアからは、クラフトビールを提供する「カフェ&ビア あるか→アるか」、鉄板居酒屋「鉄板野郎」、焼き鳥店「博多かわ屋」など、40店以上が出店する。

 期間中、全国から取り寄せた約100種類の日本酒を用意するブース「日本酒ターミナル」も開設する。ブースでは好みに合った日本酒を紹介するサービスを行うほか、蔵元スタッフも駆け付ける。今回初登場の「スナック星空」では、「ウラなんば」にあるスナック6店のママが日替わりで登場し、「楽しい会話」と酒や軽食を提供する。週末の8~10日、15~17日は、ストリートライブも行う。

 開催時間は17時~22時(土曜・日曜は16時~)。今月17日まで。

  • はてなブックマークに追加