暮らす・働く

ミナミの新春行事「宝恵かご行列」 「ほえかご、ほえかご」の掛け声とともに「福」届ける

手を振るミス宗右衛門町

手を振るミス宗右衛門町

  •  
  •  

 商売繁盛の神様「えべっさん」として親しまれている今宮戎(えびす)神社(大阪市浪速区)の「十日戎」が1月10日、「本戎」を迎え、タレントや福娘らを乗せた宝恵(ほえ)かご行列がミナミの繁華街を練り歩いた。

ミズえびすばしと戎橋筋商店街のマスコットキャラ「えびたん」

 宝恵かご行列とは元禄(げんろく)期、南地の芸妓(げいこ)が船場の旦那衆の代わりに今宮戎神社に参拝したことから始まった新春の恒例行事。最盛期の明治から昭和の戦前にかけては約100挺のかごが華やかさを競った。毎年、芸妓や各商店街の公募で選ばれた福娘のほかタレントなどが宝恵かごに乗り込み、今宮戎神社への参道だった「戎橋」を中心に、総勢およそ500人の大行列が約3時間かけてミナミを練り歩く。

[広告]

 出発式には漫才師のオール巨人・阪神さん、落語家の桂文枝さん、NHK連続テレビ小説「スカーレット」に出演中の福田麻由子さんらが登場。祝辞や今年の抱負を語った後、10時過ぎに宗右衛門町の元・南地大和屋(現・ホリディイン大阪難波前)を出発。「ほえかご、ほえかご」の掛け声とともにミナミに「福」を届け歩いた。

 この日は冬型の気圧配置の影響で高気圧に覆われ天気は快晴。最低気温7度という寒さに負けず、多くの人が行列を見に駆け付け、カメラを手に撮影を楽しんだ。

  • はてなブックマークに追加