見る・遊ぶ

大阪松竹座にユニークポスターずらり コロナ禍で打撃もミナミの復興願う

ポスターを紹介する片岡愛之助さん

ポスターを紹介する片岡愛之助さん

  • 1004

  •  

「道頓堀負けへんで!アートギャラリー~ミナミの街の灯は消しまへん~」が6月2日、大阪松竹座(大阪市中央区道頓堀1)正面玄関前で始まった。

ポーズをとる片岡さんと道頓堀商店会の上山勝也会長

 新型コロナウイルスの影響で打撃を受けたミナミを盛り上げるため、道頓堀商店会(同)と大阪松竹座が企画。同商店会では4月から新型コロナウイルスに立ち向かうために「負けへんで」「やったるで」と書かれたポスターなどを各飲食店が作り、店舗前に掲示していた。同劇場も取り組みに賛同し、歌舞伎俳優の片岡愛之助さんがモデルを務めるポスターを特別に制作。劇場が休業中であることを利用し、正面玄関前にポスター22点を一斉に掲示する。

[広告]

 焼き肉店「道頓堀みつる」(道頓堀1)や肉バル「デル・ソーレ 道頓堀」(同)を運営する「柴田」(同)は「ギュ~ッと愛を込めてご来店をお待ちしています」と牛肉を扱う同社らしいポスターを掲示。他にもタイ料理店「クンテープ」(同)の「絶タイ復活 笑顔でやったるで」、道頓堀で10年以上クラフトビールを作る道頓堀麦酒醸造所(同)の「喉と経済潤すで!」など、大阪らしいユニークなポスターが並ぶ。

 記者発表では片岡愛之助さんが登場。片岡さんは舞台がほとんど中止になったことについて「日々、舞台に出られるありがたさを痛感した」と話し、続けて「僕は大阪生まれの大阪育ち。中座(現中座くいだおれビル)で愛之助も襲名させていただいた。少しでも大阪の力になれれば」とミナミの復活を祈った。

 公開は7月上旬まで。観覧無料。

  • はてなブックマークに追加