見る・遊ぶ

道頓堀川沿いに「串カツだるま」人形 高さ12メートル、重さ20トン

だるま大臣人形(25日19時撮影)

だるま大臣人形(25日19時撮影)

  • 56

  •  

 「串カツだるま」を運営する一門会(大阪市浪速区)が建設中のビル(中央区道頓堀1)に11月25日、巨大なだるま大臣人形が姿を現し、点灯式が行われた。

回転し、背を向ける様子

 「串カツだるま」は1929(昭和4)年、大阪・新世界で創業。現在は難波・梅田を中心に国内に15店舗を展開する。建設中のビルは地下1階、地上5階の6階建てで、地下1階、1階、5階は同社が使用し、残りのフロアをテナントとして貸し出す。

[広告]

 同店のシンボル「だるま大臣人形」は、新しく建設するビルの屋上に設置。高さ12メートル、重さ20トンで回転する仕掛けを用意した。回転するのは11時~23時まで。年末までは医療従事者に向けてビル全体を青色で照らす。

 担当者は「第3波が押し寄せてきて厳しい状況が続くが、街を活気付けられれば」と期待を寄せる。

  • はてなブックマークに追加