天気予報

19

13

みん経トピックス

バートン大阪でスノボ写真展えべっさんの福を運ぶ行列

南船場のうなぎ料理店「七彩」、タウンカートによる出張販売が話題に

  • 0
南船場のうなぎ料理店「七彩」、タウンカートによる出張販売が話題に

自転車を改良したタウンカート「七彩号」で、うなぎ弁当を販売

写真を拡大 地図を拡大

 大阪・南船場のうなぎ料理店「七彩(なないろ)」(大阪市中央区南船場3、TEL 06-6241-7716)が昨年末より、出張販売を始めた。オリジナルテーマソングを流しながら自転車を改良したタウンカートでうなぎ弁当を販売するというユニークなスタイルが話題となっている。

「うな重弁当」

 同店の森田司さんが、アメリカ村を中心に起業支援を行うリンケージアンドブレイントラスト(南久宝寺町、TEL 06-6282-0440)に相談を持ちかけたことがきっかけ。同社は、タウンカートの貸出しや運営コンサルティングなどを手掛けており、これまでにも「アズキスイーツ」のカート販売などで各メディアからも注目されている。

 販売するのは、平日のランチタイムと夕刻。スタッフはタウンカート「七彩号」に乗り、店舗から心斎橋・船場エリアをゆっくり巡回しながら販売場所まで移動する。販売場所は、月曜・水曜・金曜は、ジュエリーショップ「Forme Poche」(博労町3)前、火曜・木曜は「阪神花園」(久太郎町2)前、夕刻は本町を中心に残業前のビジネスマンを狙う。「路上販売のため、うなぎを焼く姿やにおいを表現することが困難。代わりにオリジナルテーマソングを流してPRを行っている」(広報担当の榎本浪吾さん)。

 メニューは、「うな重弁当」(700円、現在はオープニング価格で500円)、「特製ひつまむし風弁当」(500円)、「うなぎおにぎり」(300円)の3種類。男性ビジネスマンに加え、OLなどの女性客も多いという。現在はランチタイムで30~40個を販売。早い時間に完売することもあるという。

 森田さんは「カート販売を開始してまだ10日くらいだが徐々に定着してきたようで、移動中に声をかけて下さる方もいる。ミナミに元気をもたらすカートとして、周辺地域の活性化にもつながればうれしい」と話す。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

大阪・道頓堀に10月12日、ギョーザ専門店「餃子(ギョーザ)王 道頓堀店がオープンした。店内の様子。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング