南船場で武井伸吾さん写真展-「星の降る場所」発売記念

写真展「星の降る場所」では、「星景」写真を20数点展示(©武井伸吾)

写真展「星の降る場所」では、「星景」写真を20数点展示(©武井伸吾)

  • 0

  •  

 南船場の写真ギャラリー「ナダール」(大阪市中央区南船場3、TEL 06-6251-8108)で7月24日より、武井伸吾さんの写真展「星の降る場所」が開催される。

 武井さんは、星空のある風景写真=「星景」を中心に撮影する写真家。1997年にモンゴルで皆既日食とヘール・ボップ彗星を見たのがきっかけで天体写真撮影を始め、現在は「星と人とのつながり」をテーマに作品を発表。昨年9月に初めての写真集「星の降る場所」(ピエ・ブックス)を出版した。

[広告]

 「星の降る場所」には星空の風景写真が88点収録され、今回の写真展は同書の出版記念となるもの。5月には東京でも開催されており、同書より20数点をセレクトして展示する。「春夏秋冬、日や場所や天候によりさまざまな表情をみせる星空の幻想的な写真世界を楽しむことができる」という。28日18時より、記念パーティーの開催も予定。

 開催時間は11時~19時。入場無料。同29日まで

武井伸吾ウェブサイト「心象星景寫眞館」NADAR 大阪

  • はてなブックマークに追加