道頓堀に期間限定お化け屋敷「道頓堀幽霊座」-役者がライブ感を演出

お化け屋敷「道頓堀幽霊座」の入り口

お化け屋敷「道頓堀幽霊座」の入り口

  • 0

  •  

 道頓堀の中座くいだおれビル(大阪市中央区道頓堀1)4階にあるイベントスペース「studio ZAZA」で7月25日から、お化け屋敷「道頓堀幽霊座」が期間限定オープンする。

 同イベントは、7月19日から同所で行われている「大・道頓堀文化祭」の一環として行われるもの。第二次世界大戦が始まった昭和初期、芝居小屋に出演していた役者たちも慰問兵として戦地へと旅立つ。再び舞台に立つことを心に誓いながらも、叶うことなくこの世を去った役者たちの怨念が、道頓堀の「幽霊座」という芝居小屋に姿を現した、というストーリー。

[広告]

 芝居小屋をモチーフにした約100坪の広さのお化け屋敷には、「墓場」「古井戸」「障子の間」などの各場面でさまざまなお化けが登場する。ウォークスルー型で、所要時間は約4分。会場内に設置した人形を、お化けに扮した役者が手動で動かすほか、役者がお化けとして登場することにより「ライブ感」を提供する。「役者がお化けを演じているので、もっとも効果的なタイミングで、なおかつ迫真の表情や声で驚かせることができる」と、広報担当の金子大吉さん。

 営業時間は、平日=12時~19時、土曜・日曜・お盆期間(8月12日~16日)=11時30分~20時。入場料は600円。8月31日まで。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース