来春開業を目指し建設が進む「Luz心斎橋」-「H&M」も出店へ

戎橋から見た「Luz心斎橋」。道頓堀川に面した南側はすでに囲いが外されつつある。

戎橋から見た「Luz心斎橋」。道頓堀川に面した南側はすでに囲いが外されつつある。

  •  
  •  

 丸紅(東京都千代田区)が「KPOキリンプラザ大阪」跡地で開発を進めている商業ビル「Luz (ラズ)心斎橋」の建設が進んでいる。

ビル壁面には「Luz Shinsaibashi」の文字が

 戎橋に隣接する502平方メートルの敷地に建設中の同ビルは、地下1階・地上7階の8フロアで、延べ床面積は2,500平方メートル。2007年10月に閉館した「KPOキリンプラザ大阪」跡地を昨年2月に取得した丸紅が、今年秋の竣工を目指し急ピッチで建設を進めている。

[広告]

 同店には、核テナントとしてスウェーデンのカジュアル衣料チェーン「ヘネス・アンド・モーリッツ(H&M)」が1階~4階に出店するほか、5階~7階には飲食店が出店を計画しており、来春の開業を予定する。

 「Luz」は、丸紅の都市型商業ビルブランドで、7月17日に1号店となる「Luz 自由が丘」(東京都目黒区)がオープンした。30~40代の女性をメーンターゲットに据えたテナント構成とし、フィンランドのテキスタイルブランド「marimekko(マリメッコ)」などファッション、雑貨、アクセサリー店や飲食店など20店が出店している。

 同社では今後「Luz」ブランドの商業ビルの展開を進める計画で、「Luz心斎橋」のほかに、神奈川県藤沢市、東京都大田区にも出店する予定。

  • はてなブックマークに追加