1杯の水に100円の募金を-広域なんば圏でも「TAPプロジェクト」

昨年の募金により、マダガスカルの小学校に完成した井戸 © 日本ユニセフ協会/2009/satomi matsui

昨年の募金により、マダガスカルの小学校に完成した井戸 © 日本ユニセフ協会/2009/satomi matsui

  •  

 飲食店で提供される「水」や「お茶」に100円以上の寄付をすることで、水や衛生環境が悪い地域に住む世界の子どもたちを支援するプロジェクト「TAP PROJECT 2010」が3月22日の「世界水の日」から始まり、広域なんば圏から22店が参加する。

 同プロジェクトは、2007年にニューヨークで始まった。2008年に全米に活動が広まり、2009年は日本でも3月に「TAP TOKYO」が、7月に「TAP YOKOHAMA」が行われた。今年はアメリカ、日本のほか、フィンランドでも実施する。日本での活動は日本ユニセフ協会(東京都港区)とhakuhodo+design project、博報堂(同)の有志メンバーが主催し、東京、名古屋、関西の3エリアの飲食店、800店以上が参加する。

[広告]

 国連が定めた3月22日の「世界水の日」から1週間、同プロジェクトに参加するレストランやカフェでは、「水」や「お茶」に対して100円もしくはそれ以上の募金を呼びかけ、ユニセフが推進する、世界中の人々が清潔で安全な水を使うための活動を支援する。昨年は「TAP TOKYO」と「TAP YOKOHAMA」で集まった1,305万9,210円を使い、マダガスカル南東部の小学校16校に、手押しポンプ式の井戸14基、トイレ64基を設置し、生徒数5,706人、教師144人への支援につながった。

 広域なんば圏では、大丸心斎橋店(大阪市中央区心斎橋筋1)内の「旬菜炭焼きイタリアン セッティモ・アンジュ」「IL PINOLO Levita心斎橋」、ラ・ポルト心斎橋(同)内の「バルバッコア・グリル心斎橋店」、「パステル心斎橋筋店」(心斎橋筋2)、「ビストロ モーベ ギャルソン」(同)、「ビストロ・ダ・アンジュ」(同)、ホテル日航大阪(西心斎橋1)内の「ティーラウンジ ファウンテン」「カフェレストラン セリーナ」「ロビーラウンジ」、「Planet3rd心斎橋店」(同)、「Bistro&Bar VISCO」(東心斎橋1)、「アジアごはん 麦酒食堂」(博労町3)、「MANDINKA DINING」(南久宝寺4)、なんばウォーク内の「パステルなんばウォーク店」(千日前1)、クリスタ長堀内の「イルメルカートアンジェロ」(南船場4)、なんばCITY南館内の「サンタ・アンジェロ」(難波5)、なんばパークス(浪速区難波中2)内の「ルサロンドニナスなんばパークス」「カフェラミルなんばパークス店」、「Brasserie Msaaena」(西区新町1)、「川と山」(南堀江1)、「ENJOY! CAF?」(南堀江3)、「HANALEI HAIR」(同)の22店舗が参加する。

 飲食店での募金活動は今月28日まで。