3密を避けて新しい生活様式へ!

広域なんば圏もW杯商戦モードに-映画館・ホテル・ショップなどで

50インチのプラズマテレビ付きシアタールームでW杯を観戦する「なんばオリエンタルホテル」の限定プラン。

50インチのプラズマテレビ付きシアタールームでW杯を観戦する「なんばオリエンタルホテル」の限定プラン。

  • 0

  •  

 サッカーワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に向け、広域なんば圏でもさまざまな企画やフェアが行われている。

 アメリカ村の複合商業施設「心斎橋BIG STEP」(大阪市中央区西心斎橋1)では6月20日、フリースタイルフットボールチーム「球舞-CUBE」のパフォーマンスを開催。地下1階大階段特設ステージで13時~と15時~の2回行う。同施設内2階のプロサッカーショップ「KISHISPO 心斎橋店」(TEL 06-6245-0410)では、元日本代表選手の森島寛晃さん(12日)、フットサルチーム「シュライカー大阪」のイゴール選手・ドゥダ選手(27日)のサイン会も予定する。

[広告]

 「TOHOシネマズ なんば」(中央区難波3、TEL 06-6633-1040)ではW杯のパブリック・ビューイングを企画。14日のカメルーン戦、24日のデンマーク戦をスクリーンでリアルタイム上映する。

 各商業施設でもW杯向けのブースやフェアを企画。「東急ハンズ 心斎橋店」(中央区南船場3)は地下1階にサッカー関連ブースを開設。タオルやピンバッジ、ストラップになどFIFAオフィシャルグッズを販売する。なんばパークス(浪速区難波中2)のセレクトショップ「クラスシーズン」(TEL 06-6641-4310)ではサッカー選手やサッカーボールを模したグッズを集めている。

 ホテル側もW杯に向けた対応を開始。「ホテル日航大阪」(中央区西心斎橋1)はカフェレストラン「セリーナ」で実施中のワールドバイキングで「がんばれ!サッカー日本代表応援フェア」を実施している。「なんばオリエンタルホテル」(中央区千日前2)は50インチのプラズマテレビを備えたシアタールーム付きの「プレミアノークスイート」の宿泊プランを特別価格で提供している。

  • はてなブックマークに追加