天気予報

15

6

みん経トピックス

アップルストアで「就活術」心斎橋に「純金製」ひな人形

千日前の居酒屋「なばちゃん」大学生店長、卒業に伴い店も「卒業」へ

  • 0
千日前の居酒屋「なばちゃん」大学生店長、卒業に伴い店も「卒業」へ

現役大学生店長の武秀和さん

写真を拡大 地図を拡大

 大阪・千日前の居酒屋「つどい処 なばちゃん」(大阪市中央区千日前1、TEL 090-7115-0241)の現役大学生店長・武秀和さんが卒業のため、2月28日で同店も「卒業」する。

黒門市場への仕入れの様子

 同店は、和歌山県出身の店主、那波輝一さんが4年前にオープンし、7坪の店内にカウンターのみ8席を設ける。那波さんの地元、南紀勝浦から直送される「漁師が作る干物」が看板メニュー。2009年11月、同店常連客で、大阪工業大学で技術マネジメントを学ぶ武さんが、定休日だった月曜日に店を借りて「月曜日だけの店長」としての営業をスタートした。

 「もともと料理はそれほど好きではなかった」という武さんだが、那波さんから料理の手ほどきを受け、同店の通常メニューのほかに、オリジナルメニューも提供するほどに。ツイッターやミクシィで事前に「今日は何が食べたい気分?」と質問して、返ってきたメニューを実際に当日のメニューに加えることも。1日あたり7~8組の客が来店するが、そのうち3~4組はツイッターやミクシィを見て来る新規客だったという。

 営業前には近くの黒門市場に仕入れに行く。武さんは「最初の頃は仕入れすぎて材料が余ってしまい、自分で食べたこともあった」と笑うが、今では、女性客が多く来店しそうな日には、果物を仕入れるなどの工夫をする余裕も生まれていた。最終営業日の28日も、いつも通りの営業を行う。卒業後は、通信関連の仕事に就く予定。

 営業時間は、平日=18時~翌4時、土曜=14時~翌4時、日曜=12時~翌3時。木曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

吉本興業は11月22日、大阪市と市民サービスの向上と地域活性化推進を目的とした包括連携協定を締結した。吉村市長が西成区住みます芸人のガオ~ちゃんと絡む一幕も。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング