食べる

なんばに新業態お好み焼き「豚の空」-九州黒豚を窯焼きで提供

なんばグランド花月1階にオープンする「窯焼き豚玉 豚の空」

なんばグランド花月1階にオープンする「窯焼き豚玉 豚の空」

  •  
  •  

 4月8日の「なんばグランド花月」(大阪市中央区難波千日前11)のリニューアルに合わせ、1階にお好み焼き専門店「窯焼き豚玉 豚の空」がオープンする。

基本の窯焼き豚玉「俺の豚玉」(880円)

 「お好み焼き道とん堀」を全国で運営する「道とん堀」(東京都福生市)が立ち上げた新業態のお好み焼き店1号店。小資本型モデルでの「のれん分け」により、独立開業を考える人への支援を掲げている。今回の1号店を旗艦店、修業の場として捉え、個人経営的な店舗の拡大を目指す。

[広告]

 店舗面積は18.59坪、席数はカウンターのみ16席。目の前で職人が焼き上げて提供する。メーンメニューは、基本となる「俺の豚玉」(880円)、トマトソース味のソースにチーズをのせた「彼女の豚玉」(1,100円)、コチュジャンをブレンドしたソースにキムチと糸唐辛子をのせた「男の豚玉」(1,100円)。九州産の黒豚厚切肉を使い、店内にある石窯で香ばしくジューシーに焼き上げる。

 同社広報の吉岡さんは「大阪のなんば、しかもNGKという大阪人にとっての聖地とも呼べる場所で1号店を出すことができた。いいスタートを切れてうれしい」と話す。

 営業時間は11時~23時。

  • はてなブックマークに追加