日本橋「まんだらけ」、西心斎橋へ増床移転-店舗拡張で増客図る

現在、日本橋で営業する「まんだらけ なんば店」

現在、日本橋で営業する「まんだらけ なんば店」

  •  

 漫画やアニメ関連の古書籍や中古グッズを販売する「まんだらけ」を展開するまんだらけ(東京都中野区)は1月16日、「まんだらけ なんば店」(大阪市浪速区日本橋3、TEL 06-6645-0772)を西心斎橋へ移転・拡張オープンすると発表した。

 同店は、メードカフェやコスプレ店が並ぶ「オタクの街」としても知られ、東京・秋葉原とともに日本を代表する電気街=日本橋で2002年より営業を行っており、1階と2階を合わせ約213坪の店内には、中古コミックやビンテージグッズ、中古玩具、同人誌など数多くの商品がそろう。

[広告]

 新店舗は、約562坪の大型店舗となる予定。現在の店舗では取り扱うことができる商品数に限界があることから、大型店舗に移転し幅広い商品展開を実現することで、既存顧客の満足度を高めるとともに、新規顧客の開拓を図る。移転先の西心斎橋は、ブランドショップが並ぶ大阪の商業中心地で、活気あふれる若者の街「アメリカ村」にも隣接することから、「出店に適した立地条件がそろっている」という。

 移転後のオープンは今年3月を予定している。

アメリカ村に「まんだらけグランドカオス」オープン-カフェ「マザー」も(なんば経済新聞)お母さん役のスタッフがマニアを癒す-まんだらけ店内に新コンセプト喫茶「マザー」(なんば経済新聞)まんだらけ