南堀江で展覧会「NIPPON VISION」-全国の伝統工芸を展示

47都道府県の「ロングライフ」な伝統工芸品約200点を一堂に展示

47都道府県の「ロングライフ」な伝統工芸品約200点を一堂に展示

  •  
  •  

 ドローイングアンドマニュアル(東京都世田谷区)が展開するインテリアのセレクトショップ「D&DEPARTMENT(ディアンドデパートメント)大阪店」(大阪市西区南堀江2、TEL 06-4391-2090)は2月28日より、全国の伝統工芸品を集めた展覧会「NIPPON VISION」を開催している。

 同展は、長く使い続けることができる「ロングライフ」な伝統工芸品を全国47都道府県より集め、一堂に展示・紹介するもの。展示するのは、北海道産のくるみの木で作られたパントレイ(北海道)、木曽のまな板(長野県)、梨園染めの手ぬぐい(東京都)、有田焼の湯飲み(佐賀県)、琉球焼きの大皿(沖縄県)など「D&DEPARTMENT的なリアルでユーモアのある視点」で選んだ製品約200点で、現代生活の中で普通に使うための提案も行う。

[広告]

 「NIPPON VISION」は、同社が展開する「カリモク60」など日本のものづくりの原点となる商品を集め、ブランド化することで良さを伝える「60VISION(ロクマルビジョン)」から発想したプロジェクト。ものづくりの本質は変えず、「誰が欲しいと思うか」「今の生活で使えるか」「どう継続的に売っていくか」など売り場の視点から、需要に見合った商品の発掘・開発を続け、将来的には「60VISION」のパートナーショップ全国約250店での販売を計画し、次世代に向けたリアルな「ジャパンブランド」としての確立を目指す。

 3月2日には、岐阜県・丸直製陶の奥田将高さんが陶器に模様を付けていく工程を実演で披露するほか、グラフィックデザイナーで同社の代表を務めるナガオカケンメイさんとのトークイベントを開催する。イベント開催時間は13時~14時。

 開催時間は12時~21時。水曜定休。3月18日より札幌展を開催する。

2月に行われた東京展の様子(関連画像)渋谷ロフト、60年代定番アイテム「60VISION」を展示・販売(シブヤ経済新聞)企画展「ナガオカケンメイの考え」-注目デザイナーを立体的に紹介(銀座経済新聞)D&DEPARTMENTドローイングアンドマニュアル

  • はてなブックマークに追加