食べる

なんばや心斎橋で「大阪割烹体験」-ミナミからは19店舗参加

「大阪割烹体験」参加店舗のカウンターの風景

「大阪割烹体験」参加店舗のカウンターの風景

  • 0

  •  

 なんばや心斎橋などで2月2日から、リーズナブルな価格で割烹(かっぽう)料理を堪能できる「大阪割烹体験2015」が開かれる。

 主催は、大阪観光局、ぐるなびなどから成る大阪割烹体験実行委員会。板前が客の目の前で調理する割烹スタイルは明治時代から大正時代にかけて生まれ、大阪で育まれてきた。同イベントは、「料金が高い・敷居が高い」というイメージのある割烹を定額料金(5,000円、7,000円)で提供することで、気軽に大阪の伝統料理を食べてもらい広く情報発信をしていこうと、昨年1月・2月に初めて開催し、今回が3回目となる。

[広告]

 参加店舗は、大阪市を中心に豊中市、吹田市、堺市の割烹56店舗。うち44店舗が手頃な定額料金でランチやディナーを提供する特別プランを用意する(ランチ=2,000円、3,000円、ディナー=5,000円、7,000円)。今回からの新企画として、3店舗が通常営業しないランチタイムにメニューを提供する(7,000円~1万5,000円)ほか、10店舗の老舗割烹も定額料金メニューを提供する(ランチ=7,000円、1万円、ディナー=1万円、1万5,000円)。価格は全て税・サービス料別。

 ミナミエリアからは、「花和清」「法善寺横丁 誠太郎」「法善寺横丁 正弁丹吾亭」「川富 本店」「浪速割烹 和亨」「竹酔庵 割烹 古賀」「佳味光月」「おおさか料理 淺井東迎」「おおさか料理 喜川浅井」「旬鮮和楽 さな井」「鶴林よしだ」「季節料理 ままごとや」「日本料理 和顔」「日本料理 翠」「梅市」「浪速割烹 喜川」「本湖月」「西店 作一」「弘 作一」の19店舗が参加する。

 2月15日まで。詳しい参加店舗やメニューの内容は「大阪割烹体験2015」のホームページで確認できる。全店予約制で、連絡は各店舗まで。