食べる

スイスホテルが「ブランチ」テーマのバイキング-「マカロンステーション」登場

オリジナルマカロンが作成できる「マカロンステーション」

オリジナルマカロンが作成できる「マカロンステーション」

  • 0

  •  

 スイスホテル南海大阪(大阪市中央区難波5)は1月24日、最上階にあるイタリアンレストラン&スカイバー「タボラ36」(TEL 06-6646-5125)の土曜・日曜・祝日のランチバイキングを「ランチ!ブランチ!ランチ!スパークルズ」としてリニューアルする。

ワイン飲み放題の「ワインステーション」

 「ブランチ」をコンセプトに、遅めの朝食に合う料理やドリンクを提供する。イタリアンバイキングをはじめ、新たにブランチコンセプトメニュー、デザート、飲み放題のスパークリングワインや赤・白ワイン、季節のカクテルなどを用意する。

[広告]

 ブランチコンセプトメニューは、フレンチトースト、パンケーキ、ホットワッフル、ソーセージなどを用意。ローストビーフやパルマハムを切り分ける「カービニングステーション」も。自分でオリジナルマカロンが作成できる「マカロンステーション」では、6つのフレーバーのカラフルなマカロンやクリームなどが並び、全216パターンの組み合わせが楽しめる。自家製パスタやピザ、タボラ36オリジナルオムレツ「イカスミオムレツ」など、温かい料理をテーブルまで運ぶ「テーブルサービス」も。

 ドリンクは、スパークリングワインや赤・白ワインが自由に飲めるワインステーションを6カ所に設けるほか、季節のカクテルやノンアルコールのキッズカクテルを提供。ハウスシャンパン飲み放題(2,138円、90分制)も用意する。

 総料理長のサイモン・A・フィッシャーさんは「世界では、早い時間にお酒を飲むことを楽しむことは普通のこと。ゆっくり起きた人にも、週末をリラックスして楽しんでもらいたい」と話す。

 同バイキングの提供時間は、11時~14時30分。料金は、大人=5,864円、子ども(4歳~12歳)=2,300円。