暮らす・働く

なんば高島屋で福袋発表会 高額商品充実、流行語にちなんだ福袋も

最高額の「純金 茶道具 福袋」

最高額の「純金 茶道具 福袋」

  • 0

  •  

 高島屋大阪店(大阪市中央区難波5、TEL 06-6631-1101)が12月16日、初売り用福袋の発表会を行った。

なんば界隈12店を満喫できる「マイなんば~福袋」

 毎年幅広いラインアップの福袋を販売する同店。「多少価格が高くても、いいものを気に入ったら買う」という昨今の傾向を踏まえ、100万円以上の福袋を約40個用意するなど、高額商品を充実させたという。最高額は「純金 茶道具 福袋」で、価格は2億160万円。来年1月2日から販売を始める。

[広告]

 注目は、2015年の流行語にちなんだ福袋。「マイなんば~福袋(なんばかいわいの『12店』爆食い・爆飲みツアー)」は、なんばに詳しいゲストが元Meets編集長の金馬由佳さんと企画し、なんばエリアにある飲食店、市場など12店が参画する。同店の人気土産商品がセットで付く。価格は年号に合わせて2,016円(2組4人限り)。「あったかいんだからあ福袋」は、カシミヤ素材のマフラー、手袋、ファー素材のアイテムをそろえる。ラグビー日本代表選手・五郎丸歩さんで話題になった言葉を冠した「マイルーティン福袋」は、日用品を封入する。

 このほか、来年のえと「申」にちなんだ福袋、インバウンドを意識した福袋も登場する。昨年度人気を博した「体験」福袋は、振り袖、袋帯、長襦袢(ながじばん)の3点セットに加え、ヘアメーク、着付け、食事、各所スポットでの振袖撮影、台紙付き写真集、家族成人式が体験できる「パーソナル成人式プラン付き福袋」(201万6,000円、1月2日・3日に2袋限定販売)、カードマジック・コインマジックセットに、マジックディーラー・アーミィさんが1時間マンツーマンでマジックのノウハウを指導する「マジック指導付き、テーブルマジック福袋」(1万6,200円、5袋限り)などを用意する。

 販売部担当の阪口展子さんは「どれにしようかな、と選ぶ時間も楽しめるような福袋を多数用意した。買い物しながら、楽しんでいただければ」と話す。

  • はてなブックマークに追加