天気予報

26

21

みん経トピックス

なんばに1万円超のそうめん南海とナムコが謎解きゲーム

荷物預かりサービス「ecbo cloak」大阪進出 ミナミのニーズ高い

 荷物の一時預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」が5月31日、大阪エリアでのサービスを始めた。運営はecbo(東京都渋谷区)。

 今年1月に東京都内でサービスを開始した、「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つ店」をマッチングするサービス。同社社長の工藤慎一さんが、訪日外国人から「スーツケースの入るコインロッカーを探している」と相談を受けたことをきっかけに考案したもので、関西では4月26日に京都エリアに進出している。

 利用者は、荷物を預けたい店を同サービスのウェブサイト上の地図から選び、荷物の個数と日時を予約。現地で店舗スタッフに荷物を引き渡して、荷物の写真付き証明メールを受け取ることで手続きが完了する。利用料金は手荷物サイズが300円、スーツケースサイズが600円(いずれも1日の料金)。支払いは事前に登録したクレジットカードで行う。

 同社によると、外国人観光客が増加している大阪エリアにおいて、新大阪・なんば・心斎橋など主な駅の全コインロッカーのうち、スーツケースが入るサイズのものは約300個しかないという。このため、宿泊先へのチェックイン前や、チェックアウト後に観光したい際に荷物を置く場所に困っている人が多いという。

 大阪エリアでの登録店舗は、梅田・なんば・心斎橋周辺が多く、飲食店のほか、ゲストハウス、ゲームセンター、ヘアサロン、英会話教室、メードカフェ、雑貨店、観光案内所などが登録している。利用者の8割は外国人観光客で、梅田では「荷物を預けて買い物を楽しみたい」、道頓堀では「食べ歩きなどのグルメを手ぶらで楽しみたい」というニーズが高いという。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

大阪・アメリカ村に6月24日、パンケーキ専門店「幸せのパンケーキ」がオープンする。オープンキッチンが併設。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング