天気予報

19

13

みん経トピックス

道頓堀「ピップ時計台」誕生金色ミニジープで大阪巡る

南船場にハワイアン「アロハテーブル」 会社員・ファミリー層に向けディナー充実

南船場にハワイアン「アロハテーブル」 会社員・ファミリー層に向けディナー充実

ハワイ風のメニューを多数用意

写真を拡大 地図を拡大

 大阪・南船場に10月4日、ハワイアン・カフェ&ダイニング「アロハテーブル 心斎橋」(大阪市中央区南船場4、TEL 06-6224-0906)がオープンした。

外観の様子

 ハワイの食や文化を発信する店として、2009年4月にハワイ・ワイキキで1号店をオープンした「アロハテーブル」。現在日本国内では28店舗を展開しており、関西では2店舗目となる。店長の加藤和樹さんは「今まではカフェ風のイメージだったが、南船場の会社員やファミリー層に受け入れてもらいやすいようディナーメニューを充実させた」と話す。

 店舗面積は約190平方メートルで2階建てとなっており、それぞれテラス席を広く設ける。席数は1階=テーブル52席、2階=テーブル44席、個室8席。ウッド調に統一された店内は、壁面に海を描き、カラフルなハワイ風の絵やサーフボードなどを壁面に装飾するほか、ハワイアンレゲエミュージックを流してハワイの陽気な雰囲気を演出する。

 メニューは、ランチは「プレミアム・ロコモコ」(993円)、「マグロとアボガドのポキ・ライスボウル」(1,058円)、全粒粉を使った生地に豆乳のホイップクリームをのせたハワイアン・パンケーキ(5種、1,058円~)など。ディナーは55種。ノースショア名物の「ハワイアン・スパイシー・ロティサリーチキン」(1,393円)、ハワイのおつまみ「ガーリック・ソフトシェル・シュリンプ」などのハワイ料理を用意するほか、「パクチーと蒸し鶏のチャイニーズサラダ」「エスニック・クリスピー酢豚」など12種類のタパスメニュー(各529円)も。

 ドリンクは、「ロングボード」や「ビッグウェーブ」(以上961円)などのハワイビールや、「マンゴーチチ」(637円)や「フラガール」(745円)など鮮やかな色をしたアロハカクテル、マウイ島のパイナップルを使った白ワイン「マウイ・ブラン」(グラス=745円)や、ハワイのハーブティー「ハワイ・オリジナル・ママキティー」(421円)など60種以上を用意する。

 ターゲットは20~40代の女性。客単価はランチ=1,000円、ディナー=2,500円~3,000円を想定する。加藤さんは「『リアルハワイ』を体感できる店。今後はフラダンスのイベントなども行って、さらにハワイの文化を発信していけたら」と意気込む。

 営業時間は11時30分~23時30分(ランチメニューは17時まで)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

大阪・道頓堀に10月12日、ギョーザ専門店「餃子(ギョーザ)王 道頓堀店がオープンした。店内の様子。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング