見る・遊ぶ

ミナミが舞台の多国籍恋愛映画が凱旋 クリスマスに特別上映へ

「FLY ME TO MINAMI 恋するミナミ」

「FLY ME TO MINAMI 恋するミナミ」

  •  
  •  

 大阪・なんばやアメリカ村を舞台に、クリスマスから年越しにかけて交差する2組の恋愛を描いた映画「FLY ME TO MINAMI 恋するミナミ」が、12月23日・24日にシネマート心斎橋(大阪市中央区西心斎橋1)で特別上映される。ミナミでは初の上映となる。

作中には道頓堀・戎橋が登場

 同作品は2013年製作の恋愛映画。心斎橋、道頓堀、アメリカ村など大阪・ミナミを舞台に、日本・香港・韓国を行き来する恋の物語を、マレーシア出身のリム・カーワイ監督が手掛けた。クリスマスから年末、年始にかけての香港・韓国・日本の2組の男女の恋愛模様を描いている。

[広告]

 撮影には、アメリカ村商店会などミナミのさまざまな地域が協力した。道頓堀、戎橋、アメリカ村の三角公園、御堂筋のイルミネーションなど、ミナミの定番スポットも多数映されている。関西国際空港と南海電鉄も登場し、ミナミに訪れた外国人に開かれた都会としての、今のミナミの姿が存分に描かれている。

 製作総指揮を務めた加藤順彦さんは「今のミナミには、アジア一円からのお客さまであふれかえっている。2012年に撮った映画を2017年のクリスマスに初めてミナミで上映できてうれしい」と感慨深げに話す。映画の予告編を手掛けたフリーライターの田中泰延さんは「あの頃、日本とアジアは真冬のように冷え切っていて、外国人をミナミの街で見かけることはまれだった」と振り返る。そんな時にリム監督と加藤さんが、香港・ソウル・ミナミ、3つの街を2つの恋がつなぐ映画の製作を思い付いたといい、加藤さんは「その物語がこの街に帰ってくる。映画館を出たら、ミナミの街を行く人の言葉に耳を傾けてほしい」と呼び掛ける。リム監督も「むしろ、今こそこの映画を見る、最高のタイミングかもしれない」とPRする。

 上映時間は両日とも20時~。23日の上映後はリム監督、加藤さんらによるトークイベントを、24日の上映後はシネマート心斎橋支配人らによる「恋愛相談トーク」を行う。

  • はてなブックマークに追加