食べる

交差点の真ん中でバーベキュー 御堂筋にBBQ施設「JUNGLE Namba」オープン

交差点の真ん中でバーベキューやカフェメニューを楽しめる

交差点の真ん中でバーベキューやカフェメニューを楽しめる

  •  

 バーベキュー施設「JUNGLE Namba(ジャングル なんば)」(大阪市浪速区難波中1、TEL 070-2328-5770)が10月1日、南海難波駅の西およそ300メートルにある「元町2丁目交差点」内にオープンする。

施設の全景。交差点の真ん中の空き地にできた

 御堂筋と四ツ橋筋が合流する国道25号「元町2丁目交差点」内にある約1300平方メートルの三角形の空き地は、御堂筋の地下約30メートルに位置する南北4キロにおよぶ「御堂筋共同溝」の出入り口となっており、緊急時に車両が出入りすることもあるため、建物を建てることはできない。

[広告]

 交差点が位置する大阪市浪速区役所では、区が推進しているにぎわい創出事業の一環として空き地活用を検討。国土交通省近畿整備局大阪国道事務所と連携し、空き地の維持管理と街のにぎわいづくりを目的に事業者を公募。南海不動産(浪速区難波中2)が選定された。国が浪速区に対して国道内の空き地の占用許可を出し、区が南海不動産に許可の行使を委託する事業スキームで実現した。「このスキームは日本で初めて」(南海不動産の塚本洋平さん)と言う。

 バーベキュー施設は、周囲を道路に囲まれている場所にもかかわらず、樹木を多数整備し「森」のイメージを出すほか、バーベキューテーブルの下などの造作に木製パレットを多用するなど、都会のオアシスとしての「ジャングル」感を演出した。6人掛けテーブルとバーベキューコンロを10セット設ける。施設をプロデュースしたPARKER(京都市)の竹中久雄社長は「誰でも入れる公園がコンセプト。樹木をどれだけ入れてジャングルの感じを出せばいいのか工夫した」と話す。

 メニューは、シーフードを含まない「STANDARD BBQ」(4,500円、小学生は2,000円)と、シーフードを含む「DELUXE BBQ」(5,500円、同2,500円)の2種類。いずれも生ビール、チューハイ、ハイボール、カクテル、ソフトドリンクなどの飲み放題(2時間制)が付く。

 施設内にはオープンカフェ(24席)も設置し、バーベキューをしなくてもドリンクや軽食を楽しめる。テークアウトにも応じるフードセット「グリルドチキンセット」(1,050円)、「グリルドチキンカレー」(950円)、「グリルチキンサンド」(800円)、「グリルドチキンサラダ」(600円)のほか、「フィッシュ&チップス」(750円)、「メキシカンチップス」(450円)などの単品フード、ソフトドリンクなどを販売する。そのほか、食べ物の持ち込みも可能なオープンスペース(16席)と、自転車40台、バイク6台を停めることができる駐輪場も設ける。

 営業時間は、平日=11時~23時、土曜・日曜・祝日=9時~23時。