見る・遊ぶ

心斎橋にショーレストラン「兎と薔薇。」 おいらんや忍者ショーを目の前で

和風の衣装を着たキャストたち

和風の衣装を着たキャストたち

  • 42

  •  

 大阪・心斎橋のクイーンズコートビル(大阪市中央区心斎橋筋2)東館2階に10月12日、ショーレストラン「兎と薔薇。(うさぎとばら)」(TEL 06-6227-8695)がオープンした。

豪華な雰囲気を演出する店内

 大阪・ミナミのインバウンド増加から、「ナイトレジャーをもっと充実させたい」という狙いでオープンした。営業部の勝山嗣保(すほん)さんは「海外の方が楽しめるよう、パフォーマンスはノンバーバルにし、花魁(おいらん)や忍者など和を楽しめるようにした」と話す。

[広告]

 店舗面積は約165平方メートル。店内奥にステージを設置し、囲うようにソファを配置する。内装はバラの柄のじゅうたんに天井からはシャンデリアをつり下げ、豪華な雰囲気を演出。ビールやカクテルなど約40種のドリンクと、「前菜盛り合わせプレート」(1,609円)や「串カツ盛り合わせ」(961円)など12種のフードメニューも用意する。

 パフォーマンスは2部制となっており、1部では和装のシンガーとダンスショーと、アクロバットを使った忍者ショーを行う。1部と2部の間では、火を使ったファイアパフォーマンスで場を盛り上げる。2部では演劇とダンスをまぜたノンバーバルショーを公演。江戸時代の吉原遊郭を舞台に遊女のはかない恋物語を演じる。和傘や扇子を使ったあでやかなダンスや、ステージだけでなく席の近くまでキャストが来る臨場感のある演出、ステージ背景のプロジェクターによる映像も見どころ。公演時間は1部と2部で約45分。

 公演終了後はキャストが席に回ってあいさつし、写真撮影に応じる。ダンスリーダーの苺さんは「感動して泣かれる方もいる。外国のお客さまにも『ストーリーが分かって楽しめた』と言っていただいている」と話す。

 勝山さんは「目の前で和をテーマにしたショーが楽しめる、道頓堀にはない新しいレストラン。キャストもお客さんと仲良くなって、新たな仕事を見つけるなど、ショービジネスがどんどん活性化する場になれたら」と話す。

 営業時間は17時~23時。料金は各回6,500円(ワンドリンク制)。1日3回開催(17時~・19時~・21時~)。金曜・土曜・日曜のみ営業(営業日・営業時間は変更があるため、ホームページで要確認)。

  • はてなブックマークに追加