食べる

アメ村に現役医大生オーナーのカフェ 店内全てDIY、2段ベッドでくつろぎ空間に

2段ベッドで半個室を多く設けた店内

2段ベッドで半個室を多く設けた店内

  •  

 心斎橋・アメリカ村に10月10日、「DIYカフェ アメ村店」(大阪府大阪市中央区西心斎橋2、TEL 06-6484-3223)がオープンした。

オーナーの水上慎也さんと学生スタッフ

 オーナーは、大阪大学医学部4回生の水上慎也さん。「いつかカフェをオープンしたいと考えていた。どうせ出店するなら早いほうが良いと思って出店を決めた」と笑顔で話す。念願かなって、2017年10月・中崎町に1号店をオープン。アメリカ村店は2号店に当たる。

[広告]

 出店コストを抑えるため、カフェで使われている席や机などは、全てスタッフやボランティアがDIYした。ペンキの塗り方や工具の扱い方も全て独学で学んだという。内装は、2段ベッドで空間を上下に分け、半個室を多く設けたのがこだわり。狭い空間を好む男性が出てくるハウスメーカーのCMを見て個室の需要を感じ、「2段ベッドを設置したら、狭い空間でも個室を多く作ることができるのでは」と思い付いたという。

 全8個の2段ベッドには、上段・下段どちらも芝生を模したマットを敷いてくつろぎ空間を演出。客は入り口で靴を脱ぎ、地べたに座って食事を楽しむ。トイレまでの通路には天井から造花を飾り、まるで花道を歩くような演出を施す。

 メニューは全部で約40種類用意。客単価はランチ=1,000円、ディナー=2,000円と、10~20代女性のターゲットに合わせてリーズナブルに設定した。「インスタ映え」を意識して、4個のケーキを同時に提供できる「ケーキのピラミッド」や、100パターン以上の組み合わせを楽しめる「ダブルドリンク」、誕生日客用に造花を飾ったコルクボードも用意した。

 水上さんは今後の展望について「大学を卒業するまであと2年。それまでに5店舗を出店したい。ゆくゆくはDIYのワークショップなどもやってみたい」と意気込みを見せる。

 営業時間は11時~22時。