買う

心斎橋筋商店街に「GAP」新店 長堀通りから移転、H&M・ユニクロに隣接

「GAP心斎橋店」の店舗イメージ。1階には「ロゴショップ」を設ける

「GAP心斎橋店」の店舗イメージ。1階には「ロゴショップ」を設ける

  •  

 「GAP心斎橋店」(大阪市中央区心斎橋筋1、TEL 06-4704-5201)が11月22日、心斎橋筋商店街に移転オープンする。

 三木楽器心斎橋店跡地に新築された「心斎橋MGビル」の地下1階~2階部分に出店。店舗面積は925平方メートル。心斎橋筋商店街の心斎橋駅近くに位置し、「H&M心斎橋店」「ユニクロ 心斎橋店」に隣接する。移転に伴い、長堀通りに面した場所にあった店舗は10月21日に閉店した。

[広告]

 地下1階がキッズ、ベビー、1階がメンズ、2階がウィメンズの3フロア構成。1階には最新デザインを採用した「ロゴショップ」を設け、子どもから大人まで幅広い世代に向けたGapロゴアイテムをそろえる。2階のウィメンズフロアには、通常のコレクションに加え、インナー、ルームウエアの「Love by Gap」もフルラインで用意する。

 ギャップジャパンのスティーブン・セア社長は「新しい心斎橋店は、Gapブランドの世界観を最大限に表現したストアに作り上げた。関西地域のお客さまのみならず、日本を訪れる観光客の方々にもブランドの魅力を体験いただけると自負している」とコメントしている。

 営業時間は11時~22時。