食べる

難波にアメリカ風フードホール「BLAST」 日本初上陸のカスタムピザなど6店

日本初上陸のカスタムピザ専門店「クチノバ」

日本初上陸のカスタムピザ専門店「クチノバ」

  •  

 アメリカ風のフードホール「FOOD HALL BLAST!OSAKA(フードホールブラストオオサカ)」(大阪市中央区難波2)が2月9日、難波にオープンする。

ゆったりと席をとる地下1階

 昨年3月にアメリカから初上陸して話題となった「クロニックタコス」を運営するケーアンドブラザーズ(東京都港区)が手掛ける。大型のアメリカ風フードホールとして、東京・新宿と同時オープン。アメリカで急成長中だという、ファストフードとファミリーレストランの中間の新業態「ファストカジュアル」を取り入れ、アメリカ発の3ブランドと同社オリジナルの3ブランドを展開する。店舗面積は1階=330平方メートル、地下1階=247平方メートル。席数は合わせて約170席。

[広告]

 1階には、24種類以上の具材、4種類のソース、3種類のチーズからトッピングをセレクトできる、アメリカ・オハイオ発祥のカスタムピザ専門店「CUCINOVA(クチノバ)」の日本1号店、アメリカやカナダで58店舗展開し、関西初出店となるメキシカンタコス専門店「CHRONIC TACOS(クロニックタコス)」、アメリカを中心に20店舗以上展開し、ブランド初のコーヒー豆焙煎(ばいせん)機併設型の店舗となる「Greenberry's COFFEE Roastery CO.(グリーンベリーズ コーヒー ロースタリー)」、オリジナルブランドの肉バル「BLAST BBQ(ブラストバーベキュー)」、30種以上のロゼワイン、ロゼスパークリングを楽しめるオリジナルブランド「BAR LIT.(バー リット)」を展開。注文はセルフ形式で、明るくカジュアルな雰囲気を演出する。

 地下では、オリジナルブランド「DRAFT PUB Bevvy(ドラフト パブ ベビー)」を展開。バーカウンターには17本のビールタワーと10個のワインサーバーが並び、大阪のクラフトたる生ビールも10種楽しめる。地下ではiPadでテーブルオーダーが可能。ソファ席を中心に席数を広く取った落ち着いた空間となっており、ゆったりと食事を楽しむことができる。インバウンド利用を見込み、多言語接客が可能なスタッフの採用や、iPadでは英語・韓国語・中国語を含む4カ国語に対応する。

 岩谷良平社長は「アメリカで100店以上のブランドを探し回って選抜した。日常的に楽しめるカジュアルなレストランとして利用してもらえたら」と話す。

 営業時間は11時~23時。「グリーンベリーズコーヒー ロースタリー」は平日=7時30分~、土曜・日曜・祝日=8時~。「ドラフト パブ ベビー」「バー リット」は金曜・土曜のみ深夜営業予定。