食べる

アメリカ村で日本酒のテイスティングイベント 28社の蔵元が参加

日本酒を楽しむイベント「和醸和楽 at BIGSTEP」が開かれる

日本酒を楽しむイベント「和醸和楽 at BIGSTEP」が開かれる

  •  
  •  

 日本酒を楽しむイベント「和醸和楽 at BIGSTEP」が9月29日、アメリカ村の「心斎橋BIGSTEP」(大阪市中央区西心斎橋1)地下1階大階段踊り場スペースで開催される。

和醸和楽が過去に行った試飲会の様子

 日本酒メーカー(酒蔵)と、販売者(酒販店)で作る任意団体「和醸和楽(わじょうわらく)」が主催するテイスティングイベント。同団体は2007(平成19)年に43社で設立し、現在は67社で構成する。「日本文化の一端を担う、日本酒を次代へつなげていく」ために、飲食店を対象とした日本酒勉強会、一般を対象とした日本酒の啓発イベントなど、さまざまな活動を行っている。

[広告]

 イベントのテーマは「0杯を1杯へ」。28社の酒蔵が2種類ずつの日本酒を出品し、計56銘柄が楽しめる。チケット1枚でグラス1杯(約40ミリリットル)の日本酒と交換できる。

 同団体の関西ブロックに所属し、今回のイベントを企画立案した、酒のやまもと(大阪府枚方市)の山本晋也さんは、「これまで首都圏の活動がほとんどだったが、地元関西の活性化のためにイベントを企画した。オープンなイベントなので、当日券も多く用意した。ぜひ気軽に立ち寄って、おいしい日本酒を楽しんでほしい」と話す。

 開催時間は、第1部=12時~14時、第2部=15時~17時。チケット(専用カップ、パンフレット付き)は、前売り=2,500円(10枚つづり)、当日=1,500円(5枚つづり)。和醸和楽西日本ブロック所属の会員酒販店と、イープラスで販売する。

  • はてなブックマークに追加