食べる

心斎橋に地酒専門の日本酒店「BCリカーズ」 ファッション会社が手掛ける

アパレル店の様な内装が特徴

アパレル店の様な内装が特徴

  •  

 日本酒の地酒ばかりおよそ50種を取り扱う酒販店「BC LIQUORS(ビーシー リカーズ)」(大阪市中央区心斎橋筋2、TEL 06-4708-1205)が10月1日、心斎橋駅近くにオープンした。

地酒3種の飲み比べができる

 運営元のビヨンクール(南船場1)は、「クロムハーツ」などのアクセサリーや、「アイスウォッチ」「ダニエル・ウェリントン」などの時計の輸入販売など、ファッション関連を中心にビジネスを展開している。今回オープンした酒店が位置する「ビヨンクールビル」の1~2階でも、これらの商品を販売している。

[広告]

 「ファッションの会社として衣食住を提供したい」(同社の西田純也さん)と考えていたことや、6月に同ビル地下に米国ポートランドの人気バー「Bible Club」をそのまま再現したバー「Bible Club Osaka(バイブルクラブ大阪)」をオープンし酒類の仕入れを始めたことから、日本酒店の開設に至った。

 ビルの4階部分、広さ約18坪の店内には、西田さんが実際に酒造を訪問して仕入れ先を開拓した約50種類の日本酒の地酒を壁一面に展示、販売する。九州、広島、奈良、京都、滋賀、兵庫を中心に、九州から東北まで幅広く取り扱う。

 店内にはカウンターを開設。有料での試飲にも対応する。3種の飲み比べができ、純米酒=1,080円、吟醸酒=1,296円、大吟醸酒=1,620円。試飲ができる銘柄は定期的に入れ替える。事前予約が必要。

 営業時間は11時~21時。第2水曜定休。