食べる

アメリカ村に豚まん専門店「ハイチャム」 まんじゅう生地にタピオカ粉を使う

フワフワモチモチ食感が特長という「ハイチャム」の豚まん

フワフワモチモチ食感が特長という「ハイチャム」の豚まん

  •  
  •  

 「生タピオカ豚まん専門店 ハイチャム」(大阪市中央区心斎橋筋2)が10月19日、オープンする。運営はオペレーションファクトリー(西区北堀江1)。

店舗外観(イメージ)

 全国に8店舗を展開する「生タピオカ専門店 モッチャム」の新ブランド1号店。タピオカドリンクの提供は無く、豚まんと点心などのベトナム屋台料理を再現したメニューを提供するテークアウト専門店。まんじゅう生地にタピオカ粉を使った豚まんと点心を提供する。

[広告]

 点心には姉妹店「モッチャム」と同じく100%ベトナム産のタピオカ粉を使う。「ハイチャムの豚まん」(1個320円)は生地にタピオカ粉を練りこみ、蒸したてを提供することで「蒸しパンのようなフワフワモチモチの食感」が生まれるという。

 このほか、注文を受けてから蒸す「水煙蒸し春巻き」(1本380円)や「蒸したてショウロンポー」(6個380円)の点心も提供する。どちらの生地にもタピオカ粉を使用し、「ぷるぷる」「もちもち」の食感が楽しめるという。

 営業時間は11時~21時。

  • はてなブックマークに追加