食べる

日本橋に「スパゲッティーのパンチョ」大阪初出店 2.3キロのデカ盛りも

看板メニューのナポリタン

看板メニューのナポリタン

  •  
  •  

 スパゲッティ専門店「スパゲッティーのパンチョ 大阪なんば店」(大阪市浪速区難波中2、TEL 06-6632-1522)が10月25日、オープンした。運営はトイダック(神奈川県大和市)。

2.3キロあるデカ盛りメニュー「星人」

 1号店は2009(平成21)年、東京・渋谷にオープン。特徴のある太麺のナポリタンが人気を集め、現在は直営店14店舗、大阪なんば店を含むフランチャイズ5店舗の計19店舗を展開する。席数は、カウンター=11席、テーブル=16席。オープンから毎日来店する人もいるという。

[広告]

 看板メニューは「ナポリタン」と「ミートソース」(以上720円)。ナポリタンは通常より長めにゆでて太くなった麺を冷蔵庫で一日寝かせる。「じっくり一日置くことで太麺なのにもっちりとした食感になる」と古畑陽平店長。ナポリタンを卵で包み、牛肉やタマネギが入ったハヤシソースをかけた「オムナポ」(890円)やカルボナーラ風に白く仕上げた「白ナポ」(820円)などナポリタンをアレンジしたメニューを充実させるほか、総重量1.2キロの「兄貴」(1,080円)、1.5キロの「番長」(1,380円)、2.3キロの「星人」(1,680円)などデカ盛りメニューも用意する。

 古畑店長は「スパゲッティーで使うソースは全て店舗で手作りなので、準備は大変だがその分自信はある。久しくナポリタンを食べてない人でも当時を思い出して満足していただけるはず」と意気込む。

 営業時間は11時~23時。

  • はてなブックマークに追加