暮らす・働く

高島屋東別館が1月20日に改装オープン 高島屋史料館もリニューアル

高島屋東別館の完成予想図

高島屋東別館の完成予想図

  •  
  •  

 高島屋東別館(大阪市浪速区日本橋3)のリノベーション工事がこのほど完了し、2020年1月20日に改装オープンする。

高島屋東別館のフロア構成

 高島屋東別館は、1966(昭和41)年まで松坂屋大阪店として営業していたもので、昭和初期に建設され、これまで約90年にわたり、百貨店が最も華麗だった頃の内外装を今に伝える貴重な建築物として知られている。1928(昭和3)年の第1期工事で鉄筋コンクリート造、地上6階、地下1階の建物が建てられた後、増改築を繰り返し、1937(昭和12)年の第3期工事でほぼ現在の形となった。

[広告]

 その後、1968(昭和43)年に高島屋が建物の当時の所有者だった竹中工務店から借用し事務所や友の会教室として使用を開始し、1969(昭和44)年には建物を購入した。1970(昭和45)年には高島屋が保有する美術・着物・資料などを展示する高島屋史料館を開設した。大部分を事務所など店舗以外の用途に使ってきたため、外観だけでなく、昭和初期の百貨店時代の設備が内部に多数残っている希少建築物として、2013(平成25)年には大阪市より「生きた建築ミュージアム・大阪セレクション」に選定されたほか、今年3月には国の有形文化財にも登録された。

 高島屋では保有資産の有効活用に向けて同館のリノベーションを推進。2016(平成28)年には耐震工事を完了、2019年には躯体、外壁補修による健全化を完了した。リノベーションは「変わらないのに、あたらしい。」をテーマに行われ、外見は既存素材のテラコッタや意匠を残す一方で、内装は階段やエレベーターまわりに見られる大理石やアールデコ調の装飾は生かしつつ、全面的に刷新したという。

 リノベーションにより、賃貸面積をこれまでの約4倍となる1.8万平方メートルに拡大。世界展開するサービスレジデンス「シタディーンなんば大阪」(1.7万平方メートル)をメインテナントとして誘致し、館全体の収益性を高めるとともに、サービスレジデンスに宿泊する訪日外国人に、高島屋大阪店への来店を推進する。

 併せて、高島屋史料館、同社グループオフィスを刷新する。1970(昭和45)年に株式会社設立50周年記念事業の一環として開館した高島屋史料館は、創業以来、企業活動の中で蓄積してきた資料を収集・保存し広く公開・活用していくことが目的。開館50年を迎える節目となることからリニューアルすることになった。展示室(500平方メートル)ではさまざまなテーマで企画展を開催するほか、ロビー(90平方メートル)では壁面に社業を象徴的に表す美術染織品下絵「薔薇図」を表現。収蔵庫を合わせ1500平方メートルに、美術品、百貨店資料、創業家文書など約5万点を収蔵する。