3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

南海電鉄が「南海ビル」をライトアップ コロナ警戒信号を表示

ライトアップイメージ(緑)

ライトアップイメージ(緑)

  •  
  •  

 南海電鉄は5月16日の18時30分から、南海なんば駅、高島屋大阪店などが入る「南海ビル」(大阪市中央区難波5)の北側壁面を使い、「大阪府新型コロナ警戒信号」を示すライトアップを行う。

黄色のライトアップイメージ

 大阪府は独自の基準に基づく自粛要請・解除および対策の基本的な考え方として「大阪モデル」を発表。達成状況は「大阪府新型コロナ警戒信号」として府のホームページで表示されるほか、「通天閣」や「万博記念公園 太陽の塔」をはじめ、梅田の「大ぴちょんくん」看板など、ライトアップの取り組みが民間にも広がっている。

[広告]

 同社もこの取り組みに賛同。光のまちづくり推進委員会や地元の協力も得て、なんばのランドマークにもなっている「南海ビル」の北側壁面を、警戒信号に合わせて「赤(警戒)」「黄(注意)」「緑(基準内)」でライトアップすることにした。

 同社執行役員でグレーターなんば創造室長の和田真治さんは「『大阪モデル』に共感し、大阪が一丸となってコロナを克服し、街を元気にしようと企画した。地元の街づくり団体『ミナミまち育てネットワーク』からの資金協力や、駅前広場化を検討している『なんば安全安心賑わいのまちづくりの協議会』にも共感いただいた。国の登録文化財でなんばのランドマークである南海ビルは、南海の創業の地でもあり保存再生で、伝統を重んじて近代建築を残した。都心の真ん中でライトアップをすることで、ミナミの来街者に現状をお伝えできれば」と話す。

 ライトアップは5月15日に試験点灯をした後、16日から当面の間、行う。点灯時間は18時30分~24時。

Stay at Home