食べる

ミナミに焼き芋専門店「すいもあま芋」 二度焼きで蜜のような甘さ実現

焼き芋専門店「すいもあま芋」と、担当の水倉さん

焼き芋専門店「すいもあま芋」と、担当の水倉さん

  • 89

  •  

 「熟成壺焼き芋専門店 すいもあま芋 なんばAKICHI店」(大阪市浪速区難波中2)が11月1日、期間限定でオープンした。

ハロウィンスイート

 チーズタルト専門店「PABLO(パブロ)」や高級食パン専門店「嵜本(さきもと)」などを展開する「ドロキア・オラシイタ」(大阪市西区)が、アートスペース「AKICHI」にオープンする。「AKICHI」は、アーティスト伊倉真理恵さんのウオールアートを全面に施したスペースで、2019(平成31)年3月にオープン。イラストの前に人が立って成立するものや、動物のイラストなど、ウラなんばとは思えないスポットとなっている。

[広告]

 焼き芋は「シルクスイート」(500円)と、果肉がオレンジ色の「ハロウィンスイート」(500円~)を用意。150度のオーブンで60分、120度の壺で数十分と二度焼くことで蜜のような甘さを実現したという。隣接するソフトクリーム店「DEGLAB」では焼き芋をコーンに見立てたコラボ商品(700円)を提供する。

 担当の水倉弘貴さんは「熱々の甘い焼き芋を、アートを施した空間で食べて楽しんで」と呼び掛ける。

 営業時間は12時~18時(土曜・日曜・祝日は11時~19時)。2021年3月31日まで。