3密を避けて新しい生活様式へ!

キリンプラザ跡地「ラズ心斎橋」の核テナントに「H&M」-関西初出店へ

ラズ心斎橋の完成予想図

ラズ心斎橋の完成予想図

  • 0

  •  

 丸紅は12月12日、「KPOキリンプラザ大阪」(大阪市中央区宗右衛門町)跡地に2009年秋の竣工(しゅんこう)を目指して建設中の商業ビルの名称を「Luz Shinsaibashi(ラズ心斎橋)」とし、核テナントとしてスウェーデンのカジュアル衣料チェーン「ヘネス・アンド・モーリッツ(H&M)」が出店すると発表した。

建設工事が進む「ラズ心斎橋」

 戎橋に隣接する502平方メートルの敷地に建設中の同ビルは、地下1階・地上7階の8フロアで、延床面積2,500平方メートル。2009年秋の竣工を予定している。核テナントとなるH&Mは1階~4階の4フロアに出店、5階~7階には飲食店が出店を予定している。

[広告]

 H&Mは1947年にスウェーデンで設立され、世界33カ国に1,700以上の店舗を展開する。手ごろな価格でファッション性の高い衣料を販売しており、国内では今年9月に銀座店、11月に原宿店をオープンしているほか、2009年秋に渋谷店と新宿店をオープン予定。心斎橋店は関西初出店となる。

 KPOキリンプラザ大阪は1987年に竣工したギャラリーや飲食スペースなどから成る複合施設としてキリンホールディングスとキリンビールが運営してきたが、建物や内部施設の老朽化のため昨年10月末に閉館。丸紅は、同社が優先出資する「戎橋開発特定目的会社」を通じて跡地を取得していた。

 1日平均20万人(休日は35万人)が通行する戎橋に隣接する好立地に、話題のH&Mが出店することになり、戎橋周辺は活気づきそうだ。

Stay at Home