南堀江でカフェと不動産賃貸がコラボ-「堀江おむらいす」が人気に

口コミで広がる「堀江おむらいす」

口コミで広がる「堀江おむらいす」

  • 0

  •  

 南堀江のカフェ「I LOVE HOME CAFE(アイラブホームカフェ)」(大阪市西区南堀江1、TEL 06-6538-6668)が提供するオムライス「堀江おむらいす」が人気を集めている。

堀江おむらいすの中身は

 同店は、ジャパンアスリート(北堀江2)が今年1月、不動産賃貸の仲介を行う「I LOVE HOME(アイラブホーム)四ツ橋堀江店」と同じフロアに店舗を設けた。周辺は不動産賃貸店が集中する地域で、他店と差別化を図るためカフェとのコラボレートを行った。責任者の秋岡武吉さんは「不動産店は敷居が高く、なかなか入りづらいが、カフェと同じ空間にすることで気軽に行き来してもらい相乗効果を狙う」という。「オープン当初はカフェと不動産店が一緒になっていることに驚く来店客が多かったが、最近はだいぶ定着してきた」。

[広告]

 「堀江おむらいす」は、秋岡さんがオープン前から構想を練っていたメニュー。卵を3個使ったふわふわのオムライスはトロトロ感が特徴。全部で10種類あり、デミソースやトマトソース、クリームソースなどのベースに、白ご飯と一緒に中に入れる具材を選ぶ。具材は「きのこ」「ほうれん草とベーコン」「コーンとチキン」など。すべて手作りで、注文を受けてから作り始めるため、10~15分かかる。人気があるのは「デミソース」の「きのこ」(680円)や「ほうれん草とベーコン」(780円)。そのほか、10種類の野菜をふんだんに使った「堀江サラダ」は、「ミモザさらだ」「シーザーさらだ」など5種類(480円~680円)を用意する。

 店内はゆったりとした空間で、店舗面積は15坪。テーブル席とカウンター席合わせて15席あるが、14時ごろのピーク時にはすぐに満席になる。平日はアメリカ村や堀江など近隣店舗に勤務する店員らが来店、7~8割がリピーター。週末はミナミを訪れた学生や20代が中心で、来店客の8割が女性。

 地域名を冠した「堀江おむらいす」はアメリカ村や堀江を中心に口コミで広がっており、「堀江に来たらオムライスと言ってもらえるようにしていきたい」と秋岡さん。堀江の活性化を目指し「この店が情報発信源になっていくことができれば」(同)と抱負を語る。

 営業時間は10時~24時(土曜は翌2時まで、日曜・祝日は20時30分まで)。周辺店舗への宅配やテークアウトも行う。