アメリカ村の書店「アセンス」、3階をコミック専門フロアに改装

3階はフロア全部をコミック専門にした

3階はフロア全部をコミック専門にした

  • 0

  •  

 アメリカ村にある書店「アセンス アメリカ村店」(大阪市中央区西心斎橋筋1、TEL 06-6258-3255)が7月5日にリニューアルし、3階をコミック専門のフロアに改装した。

「ジョジョの奇妙な冒険」は全巻が揃う

 アセンスは、大阪市内に3店舗の書店を展開しており、広域なんば圏には心斎橋筋商店街の「心斎橋アセンス」(心斎橋筋1)と「アメリカ村店」の2店舗がある。一般書籍以外にアート、芸術、洋書も取り扱っており、クリエーターにも人気が高い。今回リニューアルした「アメリカ村店」は、三角公園を北に歩いたところにあり、堀江にも近い立地。

[広告]

 ビルの2階・3階の2フロアを使用しており、従来は2フロアに分散していた一般書、デザイン、建築、アート関連の書籍を2階にまとめ、新たに3階をコミック専門フロアとしてオープンした。コミックは2万アイテムをそろえ、中でも「ジョジョの奇妙な冒険」は全巻をそろえた。コミックはまとめ買いも多く、従来1,000円程度だったコミックの客単価が、リニューアルによるアイテム数の増加により1,500円ほどに上がったという。

 「アメリカ村や堀江、船場にも近く、情報に敏感な客が多い。コミックフロアの反応は良く、『ジャンプ』や『マガジン』などの少年誌だけでなく、『ヤングマガジン』『ヤングジャンプ』といった青年誌がよく売れている印象」と同店の梅田学さん。客層は20~40代がメーンで、オフィス街も近くにあるため夕方になると会社員の利用も多い。

 「心斎橋アセンス」とは直線距離で400メートルほどの立地だが、客層が違うために競合することはないという。「心斎橋店は7割が女性会社員で、通りすがりに立ち寄っていただくことも多い。アメリカ村店の男女比は半々で、フラッと立ち寄るという人は少ない」と梅田さん。「今後はサイン会なども行いたい」(同)とも。

  • はてなブックマークに追加