そごう心斎橋本店で「ロールケーキフェア」-期間限定・日替わり出店も

限定商品やオリジナルロールケーキが並ぶ(写真=ろーる&ろーるの商品)

限定商品やオリジナルロールケーキが並ぶ(写真=ろーる&ろーるの商品)

  •  

 そごう心斎橋本店(大阪市中央区心斎橋筋1、TEL 06-6281-3111)地下1階の洋菓子売り場で9月22日より、「ロールケーキフェア」を開催している。

 同フェアは、食品フロアのリニューアルオープンを記念して開催されるもので、限定商品やそごう心斎橋本店オリジナルのロールケーキなど13ブランドの商品が並ぶ。「新宿高野」「アンテノール」「シーキューブ」「レ・グラン・ショコラティエ」などの定番ほか、通常ネット販売か和歌山の店舗でしか味わえないというロールケーキ専門店「ろーる&ろーる」が期間限定出店する。地元和歌山の卵と厳選された素材で作った、ふわふわの食感が人気だという。

[広告]

 そのほか日替わりで「帝塚山ポアール」「モリナカ」「ティータイム」「神戸フランツ」などの人気店が出店。「パティシエ エス コヤマ」では三田本店で行列ができるほどの人気だという「小山ロール」(1,260円)を、9月27日に200本限定で販売する。整理券配布=10時~、販売=14時30分~。ロールケーキフェアの開催は30日まで。

 そごう心斎橋本店では今秋の開店2周年を機に、「重点ターゲットを従来の団塊世代に加え、トレンドに敏感な30代の『御堂筋キャリア』に置き、『おしゃれな大人の散歩道』として上質なファッションと最新のライフスタイルの提案ができる百貨店を目指す」(同社)としている。

 同フロアのリニューアルで、地下1、2階に新規9ブランドを導入、仕事帰りのOLや主婦層をターゲットとしたゾーンを設けた。25日には地下2階に催事場(195坪)を新設、物産催事などを中心に食品売り場全体での回遊性の向上を図るとともに、「なにわの職人芸」「大陶器市」など大型催事の開催により集客力アップを図る考え。

そごう心斎橋本店 ロールケーキフェア