見る・遊ぶ

南船場のギャラリーで猫の「平太」写真展-数万点からセレクト

30点あまりの写真を展示する

30点あまりの写真を展示する

  •  
  •  

 南船場のカメラグッズ、ファッション雑貨店「Acru(アクリュ)」(大阪市中央区南船場3、TEL 06-6282-5533)地下1階のギャラリーで5月3日、写真展「平太展 in Acru B1」が始まった。

平太のさまざまな表情を見ることができる

 同展は、堺市で印刷工場を営むばんひろみさんが、飼い猫「平太(へいた)」を4年半にわたり撮影した写真を展示するもの。ばんさんは2001年から、猫の「はっちゃん」の写真で知られる写真家ユニット「八二一(はにはじめ)」の写真講座を受講、これまで10年にわたり猫の写真を撮り続けており、2008年には写真集「平太」(青心社)を出版した。

[広告]

 平太は2006年初夏から、ばんさんの工場に出入りするようになった捨て猫で、推定6~7歳。会場には、影踏みやひなたぼっこ、大きなあくびをする平太など、30点あまりの写真を展示する。ばんさんは「かわいい写真よりも面白い写真を選んだ。普通の飼い猫にはない汚れっぷりを見てほしい」と話す。

 会場では、ポストカード(150円)、てぬぐい(900円)、Tシャツ(2,400円)などの関連グッズや、平太も着用する「ごとー猫首輪製作所」の首輪の販売も行う。

 営業時間は12時~20時(最終日は17時まで)。8日まで(6日は休業)。入場無料。

  • はてなブックマークに追加