見る・遊ぶ 暮らす・働く

大丸心斎橋店にシェアサイクル「ハブチャリ」ポート

大丸心斎橋店に設置される「ハブチャリ」のポート

大丸心斎橋店に設置される「ハブチャリ」のポート

  •  

 大丸心斎橋店(大阪市中央区心斎橋筋1)北館4階に3月2日、シェアサイクルポート「HUBchari(ハブチャリ) 大丸心斎橋店ポート」がオープンする。

レンタルできる電動自転車

 「ハブチャリ」は、認定NPO法人Homedoor(北区)が運営するシェアサイクル事業で、ホームレスの就業支援の一環として2012年にスタートした。同法人によると、ホームレス経験者の約7割が自転車修理を得意としているといい、自転車のメンテナンスや台数調整業務をホームレス経験者などのスタッフが行うことで、雇用機会を創出し、路上生活からの脱却を支援する。

[広告]

 大阪市内19カ所に設置した「ポート」と呼ばれる設置場所で、自転車を借りたり、返したりすることができる。借りたポートでなくても返すことができる。大丸心斎橋ポートは、北館4階にある駐輪場内の一角に、電動自転車を5台設置する。主な利用者として、外国人を含む観光客や買い物客を想定する。同ポートには常駐管理人は配置しないが、自転車のバッテリー交換のために、ホームレス状態の人を含む、困窮状態にある人が巡回する。

 同ポートでは「スマート会員システム」と呼ばれるシステムを導入。利用者は予めクレジットカードで会員登録をした上で、マイページで自転車を選択。発行されるパスコードを自転車本体の操作パネルに入力することで解錠される。Felica機能付きのICカードやスマートフォンを鍵として利用することもでき、登録したカードを自転車本体の操作パネルにかざすだけで利用できる。

 利用料金は、1回利用=30分150円(30分を超える場合30分につき100円が必要)、1日利用=1,389円、月額利用=2,000円(1回30分未満の場合。30分を超える場合30分につき100円が必要)。

 営業時間は9時45分~20時45分(年末年始を除く)。