食べる

たこ焼き入りフォンデュも 道頓堀にチーズタッカルビ「火付け役」が西日本初出店

たこ焼き入りフォンデュ

たこ焼き入りフォンデュ

  •  
  •  

 チーズタッカルビを主力に提供する韓国料理専門店「市場(シジャン)タッカルビ なんば道頓堀店」(大阪市中央区道頓堀1、TEL 06-6484-2760)が2月22日、道頓堀にオープンする。

居酒屋風の店内

 2005年に東京・新大久保に韓国料理専門店としてオープンし、3年ほど前に「日本で初めて」チーズタッカルビをメニューに取り入れ、若い女性を中心にブームとなったという。「秘伝のタレ」に漬け込んで2日以上熟成させたタッカルビとチーズの組み合わせが人気で、ピーク時は4時間待ちの行列ができることも。現在、関東を中心に4店舗を展開し、今回が西日本初出店となる。

[広告]

 店舗面積は約165平方メートルで、席数は100席。「市場」が韓国語で「にぎやかな市場・商店街」を示すことから、店内は「祭」と書かれたうちわを飾り、天井から看板をぶらさげて、居酒屋風の明るい雰囲気を演出する。

 目玉は、同店のオープンに合わせて開発した限定メニュー「大阪チーズフォンデュ」(2,894円)。チーズの周りに大阪名物のたこ焼きとどて焼きが囲むように置かれており、熱々のチーズと絡めて楽しめるという。そのほか、本店の人気メニュー「チーズタッカルビ」(2,642円)、次のブームとして注目されているという4種のチキン(フライドチキン・ヤンニョムチキン・しょうゆチキン・ハニーペッパー)を手で持ってチーズにからめる「UFOチキン」(2,678円)をメインに提供する。チーズはモッツアレラチーズとチェダーチーズの2種類を使っており、混ぜながら具材と絡めて食べる。

 そのほか、前菜やサラダ、デザートを14種、ドリンクは「二東(イードン)生マッコリ」(グラス410円、ボトル1,598円)など、約50種を用意する。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時30分、ディナー=17時~23時(22日は17時~)。

  • はてなブックマークに追加