食べる

大阪府のプレミアム付き食事券の詳細が明らかに 10月7日に受付開始

記者発表に登壇した溝畑理事長とNMB48

記者発表に登壇した溝畑理事長とNMB48

  • 117

  •  

 大阪観光局(大阪市中央区)は9月17日、Go To Eatキャンペーンで発行するプレミアム付き食事券の詳細を明らかにした。

トークショーの様子

 プレミアム付き食事券は購入額の25%が上乗せされるもので、大阪府では同局やJTB(東京都)などが共同事業体として発行する。

[広告]

 発行額は250億円で、発行部数は200万冊。500円券が7枚、1,000円券が9枚の1万2,500円分を1万円で販売する。購入可能冊数は1回につき2冊までで、実施期間を5回に分け、それぞれ10万冊、30万冊、40万冊、70万冊、50万冊販売する。第1回の受付は10月7日からで、同局のホームページから申し込む。申込みは先着順で、完了した人にはメールで引き換え番号が知らされ、ファミリーマートのチケット購入端末から引換券を発行して決済する。利用期間は10月14日から2021年3月31日まで。

 飲食店が同キャンペーンに参加するにはエントリーが必要で、一定の条件を満たせば加盟店として登録される。募集期間は9月23日から2021年2月26日までで、同局のホームページか専用番号(0570-666-609)で受け付ける。デリバリー専門店のほか、キャバクラ、スナックなど接待を伴う飲食店は対象外となる。

 記者発表に登壇した溝畑宏理事長は「2月ごろから飲食事業を守るために関係各所と連絡を取りながら計画を練ってきた。9月~11月の間に反転攻勢を仕掛けないと大変なことになる」と危機感を募らせながら、「食の都・大阪から日本を元気にしていきたい」と力を込める。

 この日はミナミエリアを拠点に活動するNMB48も登壇。「大阪観光スペシャルサポーター」として、観光PRに取り組むことも発表された。吉田朱里さんは「キャンペーンを使ってどんなものを食べたいか」という質問に対し、「週5回食べるほど焼き肉が大好き。普段行けない高級なお店にいってみたい」と話した。

 大阪府はすでに「『少人数利用』飲食店応援キャンペーン」を9月18日から実施すると発表。グルメサイトを通して予約し、4人以下で5,000円以上の飲食をした場合、1組当たり2,000円のポイントを還元するというもの。8月に時間短縮営業などを要請したミナミエリアについてはさらに2,000円のポイントを還元する。期間は12月31日(ミナミエリアは10月31日まで)だが、予算がなくなり次第終了する。