暮らす・働く

千日地蔵尊通りの石畳舗装、12月に完成 10年越しに実現

一部が石畳となった千日地蔵尊通り

一部が石畳となった千日地蔵尊通り

  • 5

  •  

 「千日地蔵尊通り」の石畳舗装の工事が10月下旬に始まり、12月に完成する予定だ。

石畳とアスファルトの境目

 千日地蔵尊通りは千日前道具屋筋商店街の西側に位置する約100メートルの通りで、現在は約30店舗の飲食店でにぎわう。なんさん通り商店会の副会長、木本昌太朗さんは「飲食店でにぎわう以前は、道具屋筋で商売する店の倉庫として使われていた」と当時を振り返る。10年前に集客力の強化や魅力向上を目的に石畳舗装を計画したが、資金不足などで計画は止まっていた。

[広告]

 ところが今年になって新型コロナウイルスの感染が拡大し、同商店会に加盟する店舗も休業を余儀なくされた。「にぎわい創出や街の魅力を強化するためにも計画を進めよう」と各社が団結。半年ほど前から計画が再始動し、10月下旬から工事が始まった。約100メートルのうち、現在は12メートルほどが石畳となっている。

 木本さんは「今は客席が外に出て、ゴミなども目立つ。舗装してきれいになれば治安も良くなるし、魅力が向上するのでは」と期待を寄せる。