食べる

心斎橋で「メガ盛りしじみラーメン」 シジミ200個・スープ2リットル・麺8玉

約8倍の大きさになった「メガ盛りしじみラーメン」

約8倍の大きさになった「メガ盛りしじみラーメン」

  •  

 大阪・心斎橋のラーメン店「しじみラーメン Shi43屋(しじみや)」(大阪市中央区心斎橋筋2、TEL 06-6213-4438)が6月4日、5周年を記念してしじみ約200個を使った「メガ盛りしじみラーメン」の提供を開始する。運営はブラスト(南船場)。

チンゲンサイを円状に盛り付ける

 2013年6月にオープンし、しじみラーメン専門店として知られる同店。周辺が飲み屋街で営業時間が21時~翌6時ということから、「飲んだ後のシメ」や「二日酔い対策」として好まれており月3000人以上が訪れる。昆布だしのスープにオルニチンが豊富な島根県産のシジミとチンゲンサイのみを入れたシンプルなラーメンは、カロリーが通常のラーメンの半分ほどで、女性の人気も高いという。

[広告]

 同店の5周年を記念して考案したのは、シジミ約200個、スープ2リットル、麺8玉を使った「メガ盛りしじみラーメン」。通常のラーメンの約8倍。価格は「しじみ(443)」をイメージした4,430円。チンゲンサイを器に沿って円状に盛り付け、しじみを山盛りにして盛り付ける。

 1人で30分以内で完食した場合は無料に。同社社長の杉山真一さんが呼び掛けたところ、すでに挑戦を予定している人もいるという。味が落ちる可能性があるため、シェアは推奨せず1人用として提供する。

 杉山さんは「お酒を飲む人が多いミナミの地で、ぜひオルニチンがたっぷり入った『メガ盛りしじみラーメン』を食べて元気を出して。完食に挑戦したり、写真を撮ったりして楽しんでほしい」と話す。

 営業時間は21時~翌6時(金曜・土曜・祝前日は翌7時まで)。スープが無くなり次第閉店。