なんばに「プルーム・テック」関西初の常設店 カフェ併設、雑貨販売も

「Ploom Shop なんば店」外観イメージ

「Ploom Shop なんば店」外観イメージ

  •  

 大阪・なんばの戎橋筋商店街に6月4日、日本たばこ産業(JT)が「Ploom Shop(プルーム・ショップ) なんば店」(大阪市中央区難波1、TEL 06-4708-4425)をオープンする。

カフェ部分の店内イメージ

 大阪エリアでは今年2月に「Ploom Shop 心斎橋オーパ店」(西心斎橋1)、「同 梅田イーマ店」(北区)、「同 ルクアイーレ店」(北区)が、いずれも期間限定ショップとしてオープンしたが、「心斎橋オーパ店」と「梅田イーマ店」は既に終了し、現在は「ルクアイーレ店」のみの展開となっている。「なんば店」は、関西エリアでは初の常設店として出店する。

[広告]

 戎橋筋商店街に面したビルの1階・2階部分、36.6坪で出店する。同社が販売する「Ploom TECH(プルーム・テック)」と専用アクセサリーを販売するほか、関西エリアで初となるアクセサリーカスタマイズサービス「Ploom CUSTOM BAR」を併設。キャリーケースやスタンドに好みの背景と文字を印刷するサービスを有料(800~1,000円)で行う。

 店舗には、関西エリアでは初となるカフェ「RETHINK CAFE NAMBA」を1階部分に併設。24席を設ける。メニューは、コーヒー(300円)、カフェラテ(350円)、ハニーラテ(400円)など。そのほか、キュレーション通販サイト「HATCH」プロデュースによる衣食住にまつわる雑貨などのアイテムも販売する。

 プルーム・テックは、タバコ葉を燃やさず、タバコ葉由来の成分を含んだ液体を加熱・気化して、ニコチンを摂取する商品。バッテリーとカードリッジからなるたばこ用デバイス本体に、専用たばこカプセルをセットして使う。本体、USB充電器、ACアダプター、キャリーケースがセットになった「プルーム・テック・スターターキット」(4,000円)に、たばこカプセル5本とカードリッジ1本が入った「メビウス・フォー・プルーム・テック」(460円、全5銘柄)をセットして利用する。

 営業時間は11時~21時。未成年のみの入店は不可。