見る・遊ぶ

南海電鉄とナムコ、周遊型謎解きゲーム「名探偵へのきっぷ」第2弾

「路線図に隠された謎 編」の「謎解きキット」

「路線図に隠された謎 編」の「謎解きキット」

  •  

 南海電鉄とナムコは7月1日~12月2日の6カ月間、周遊型謎解きゲーム「名探偵へのきっぷ」を開催する。

 南海電鉄の1日フリー乗車券がセットになった「謎解きキット」を購入し、プレーヤー自らが探偵になり電車で沿線各所を巡り、事件の真相を解き明かしていく周遊型謎解きゲーム。ゲームのクリアには2~4時間かかるという。昨年は約6000部売り上げ、今年の目標は7000部。

[広告]

 謎解きキットは「路線図に隠された謎 編」と「消えた記憶と謎の箱 編」の2種類。「路線図に隠された謎 編」は、世界有数の秘宝である「スカーレットの心」が盗まれ、警察から事件に関する依頼を受け調査する。「消えた記憶と謎の箱 編」は、記憶を失ったプレーヤーが黒い箱に導かれるように記憶を取り戻す旅に出る。今回は、謎解きキットに記載のある店舗スタッフから調査に関するヒントをもらったり、謎を解くために必要なアイテムを渡されたりと、スタッフと関わることでよりリアルに謎解きができるという。

 事件の真相を解き明かして、なんばパークス6階の「なぞともCafe」のスタッフに回答を報告し、「エピローグ」(事件の真相が書かれた冊子)を受け取るとクリアとなる。「路線図に隠された謎 編」と「消えた記憶と謎の箱 編」の両方をクリアし、両方のエピローグを持参すると、「エクストラエンディング」を受けることができる。

 チケットは、大人=2,300円、小児=500円で、関西空港駅と高野山駅を除く南海全線が乗り放題となる「1日フリー乗車券」がセットになっている。小児券だけの購入はできない。1日フリー乗車券は使用当日に限り有効。チケットは、関西空港駅と高野山駅と係員無配置を除く各駅窓口で開催期間中販売する。