暮らす・働く

「YES-fm」内の番組が1周年 現地の「音」通してミナミの情報発信

1周年を迎えた「ミナミ ほんまもんSAI発見」

1周年を迎えた「ミナミ ほんまもんSAI発見」

  • 2

  •  

 コミュニティーFM「YES-fm」(大阪市中央区難波千日前)内の番組「ミナミ ほんまもんSAI発見!」が1月、1周年を迎えた。

 街バルイベント「ほんまもんバル」の実行委員長・池田知子さんと、ラジオパーソナリティーの豆夛(まめた)英志さんが司会進行する同番組。ミナミの人やもの、イベントを「現地で収録した音」を交えて紹介するのが特徴で、これまで「道頓堀ミュージアム並木座」(道頓堀1)、「エディオンなんば本店」(難波3)などを紹介している。

[広告]

 池田さんは「コロナ禍で収録が一時中断することもあったが、1年はあっという間に過ぎた。今年は番組発のイベントができたら」と意気込む。豆夛さんも「(この1年の取材を通して)お店の底力を改めて感じた。ミナミが元気を取り戻すために、少しでも貢献できれば」と話す。

 「YES-fm」は1996(平成8)年11月に開局。エフエムちゅうおう(難波千日前)が運営する。周波数は78.1メガヘルツ、出力は10ワット。スマホアプリ「エフエムプラプラ」にも対応する。

 放送日時は月曜18時45分~19時。

  • はてなブックマークに追加