食べる 見る・遊ぶ

タイ発ランイベント「キロラン」 走って食べて、体重増えたらメダルゲット

バンコクで行われた「キロラン」の様子

バンコクで行われた「キロラン」の様子

  •  
  •  

 大阪観光局(大阪市中央区南船場4)で5月21日、タイ発のランニングフェスティバル「KILORUN(キロラン) OSAKA 2018」開催概要の発表が行われた。

概要発表会の様子

 キロランは、イベント企画・制作のインデックス クリエイティブ ビレッジ(タイ・バンコク)と、エアアジア・グループのタイ・エアアジア(同)、タイ・エアアジアX(同)が主催する、国際的なランニングフェスティバル。バンコク、バリ(インドネシア)、大阪、ハノイ(ベトナム)で順番に開催するもので、「走る」「食べる」「観光する」がコンセプト。

[広告]

 第1ルートのバンコク(3月23日・24日開催)には2600人が参加、第2ルートのバリ(6月2日・3日開催)を経て、9月30日に大阪で開催されることになった。大阪でのコースは、大阪城の太陽の広場をスタート・ゴール地点とし、「KM(キロメートル) 朝ごはんラン」と「KG(キログラム) おいしいラン」の2種目で開かれる。

 「KM」は「楽しく 走って みんなで朝ごはん」をキャッチコピーに、2キロ、5キロ、10キロから選んでランニングし、ゴール地点で朝食を食べる。「KG」は「食べて 歩いて 増やして メダルをゲット」をキャッチコピーに、中之島・北浜エリアを自由に食べ歩きし、体重を0.5キロか1キロ(事前に選択)増やすとゴールとなるユニークなもの。いずれも達成者にはメダルを進呈する。

 大阪観光局の溝畑宏理事長は「アジアの魅力を皆でコラボしてアピールしようというイベントを、大阪で開けることになりうれしい」と話す。

 タイ王国大阪総領事館のムニン・パーニサワット総領事は「天下の台所と呼ばれるほど料理文化が盛んな大阪を選んで正解」と話す。

 参加費は、「KM」が2,800~3,400円、「KG」が6,800円。定員は「KM」が2000~2200人、「KG」が600~800人を予定している。6月4日からJTBスポーツステーションエントリーサイトで募集を受け付ける。

  • はてなブックマークに追加