天気予報

11

4

みん経トピックス

難波でバレンタイン商戦「ウラなんばマップ」最新版

心斎橋の保護猫複合施設で「ネコビル男祭り」初開催へ 猫好き男子をターゲットに

心斎橋の保護猫複合施設で「ネコビル男祭り」初開催へ 猫好き男子をターゲットに

猫好き男子をターゲットにした「ネコビル男祭り」

写真を拡大 地図を拡大

 保護猫複合施設「ネコビル」(大阪市中央区東心斎橋1、TEL 06-4708-3889)で1月29日、猫好き男性を対象としたイベント「ネコビル男祭り」を初開催する。

施設内には、猫が登って遊ぶ木も設置

 運営は全国で保護猫カフェ6店舗を運営する「ネコリパブリック」(岐阜県岐阜市)。2016年5月にクラウドファンディングを活用してオープンした同店は、1階から5階のビル1棟丸ごとを保護猫の関連施設として運用しており、現在は全28匹の保護猫と触れ合うことができる。

 今回が初開催となる同イベントは、「女性客が多い猫カフェに男性1人では入りにくい」という人や通常の営業時間内に来店することができない人にも来てもらいやすいよう、開催時間を遅めに設定した。メインターゲットは「猫好き男子」だが、「男気のある女子」も参加可能という。

 同ビル1階には、人には感染せず、猫同士でも感染力は弱いウイルス「猫エイズ」に感染した「りんご猫」が暮らす「りんご猫ルーム」や、同社のオリジナル猫ブランド「NCRP(エヌシーアールピー)」、「NECOREPA(ネコリパ)」の雑貨を販売する物販コーナーを設置。2階は猫の雑貨を販売する「ネコ市場」。3階は、思う存分猫たちと触れ合うことができる「猫スペース」、4階は9台のベッドと猫関連書籍100冊以上をそろえ、猫と一緒に眠ることができるプライベートスペース「CAT&BED&BOOK(キャットアンドベッドアンドブック)」、5階は、保護猫を見ながら仕事ができるワーキングスペースを展開する。

 「ネコリパブリック 大阪府知事」の佐原杏さんは「猫カフェに行ってみたいが、男だけでは入りづらいという方たちにぜひ来てほしい。利用料金やグッズ代金の一部は、保護猫たちの食費や医療費に充てる。猫と遊びながら猫助けをしてもらいたい」と来店を呼び掛ける。

 開催時間は20時~22時。料金は、1時間=1404円、2時間=2,160円。同イベントは今後、月1回開催する予定という。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

大阪・南船場のギャラリー「ソラリス」で2月20日、写真展「コンビニフォトグラフ」が始まった。場所や系列などさまざまなコンビニの写真が並ぶ。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング